スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベアリンググリス「スーパーナチュラル」は荷重がかかった時に軽いのです。
特化した商品ながら、好反響をいただいておりますタクリーノベアリンググリス「スーパーナチュラル」。前回のNewsで触れ忘れた高性能箇所が「超極圧性」です。このグリス、手に取ってもらうと少し粘性があって、グリスアップしたシールドベアリングを手で回してみてもそれほどの軽さは感じないかもしれません。
「ほんまに低抵抗かいな?」とも思われるのですが、実はこのグリス、荷重がかかった時にこそ低抵抗になるのです。実際に走行してもらえたら違いが分かると思います。特にベアリングにアンギュラコンタクトな力がかかる時(コーナーやダンシング時)に超極圧が働いてスコーンと抜けていくような飛躍感を感じるでしょう。セラミックベアリングに使えば特によいのですが、コーナーでの鋼球の歪み抵抗を抑えてくれるのですべてのベアリング全般にハイパフォーマンスだと言えます。



★タクリーノ ベアリンググリス 「スーパーナチュラル」 3g 2500円+税
スポンサーサイト
最高級ベアリング用グリス「スーパーナチュラル」発売! 自転車界に肩を並べるグリスは存在しません。
物凄いベアリンググリスを出しました。その名も「スーパーナチュラル」日本語で「超常現象」みたいな意味です。最高級のフッ素グリスで、低抵抗で耐久力抜群。水にも流れ落ちにくく、超高温でも低温化でも潤滑能力が変わりません。特にセラミックベアリングに使うと金属部のレース部が削れる事故が非常に起こりにくくなってます。セラミック専用ではなく、鋼球にも抜群の性能を発揮しますが、セラミックには特別のようです。



さてこの「スーパーナチュラル」3gで上代価格2500円と高価な「ペースト状のダイヤモンド」と呼べるぐらいなのですが、専用ペンシル型容器で微量の使用が可能なので(微量で十分な潤滑力あります。入れすぎると抵抗が増えてダメです)わずか3gでも数十個のシールドベアリングをメンテナンスできる量はありますので、めちゃくちゃ高いというわけでもありません。



ペンシル型容器のダイヤルを7~8回ほどカチカチと回すと米粒より少し大きいぐらいのグリスが出てきますので、一回でそれくらいを使ってください。それで十分の量です。
元々このグリスはタクリーノセラミックベアリングに純正グリスとして入れていたものなんですが、高性能ゆえに単体での販売のご要望がありました。
自転車界ではこれ以上のグリスは存在しておりません。スペシャルチューンとしてご利用ください。ちなみにこのグリスの交換頻度は距離や時間ではなく、雨やほこりの多い悪条件で使用した後にお勧めします。

★タクリーノベアリンググリス 「スーパーナチュラル」 3g ¥2,500
タクリーノの製品

タクリーノ チェーンオイル マホウ
価格:¥1600+税


※画像をクリックすると拡大します。

魔法のような滑らかなペダリング。

ヒルクライム。ロングディスタンス(ブルべ)。タイムトライアル。そんな一定ペースの走りで脚に優しい滑らかなペダリング感覚のチェーンオイルです。。坦々と踏んでいると筋疲労がたまりにくく感じます。その秘密は極圧添加剤を50%にしたことです。極圧添加剤は、「金属の表面にクッションみたいな皮膜をつくる物質」と考えてください。チェーンオイルに入れると金属同士の接触が優しくなって滑らかで軽やかで音鳴りもなくなります。ただ入れすぎるとパワーロスもおこります。タクリーノのマホウは極圧50%ですが、極限まで粘性を低くし、なおかつ弾性力を持つある添加剤(秘密です)を加えることにより、高負荷でもパワーロスが少ないです。
「魔法」のような走りを体感してください。
高性能オイルの元祖「ロードチェーンオイル」。最近静かなブームです。
タクリーノオイルの元祖ともいえる「ロードチェーンオイル」が最近再びに静かなブームを迎えております。「マホウ」の登場によって、逆にその特化した高性能な機能がクローズアップされたため、最近ホントよく売れております。

この「ロードチェーンオイル」の特徴を一口で言えば「速く走るため、それ以外のすべての機能を犠牲にしたオイル」ということです。

①極圧添加剤が5%で、しかも粘性がとても低くてサラサラなので、金属同士が接触する「固さ」がペダリングに感じられるかもしれません。でもこれは→「クッション性を少なくしパワーロスを極限までなくすことにより、踏んだ力のすべてを推進力にする為です」
②綺麗に脱脂洗浄しないと黒くな,りやすいかもしれません。でもこれは→「リンク内にオイルが深く浸透することによる完璧な潤滑能力を得ているからです。黒い物の正体はリンク内で削れた金属の粒子が外に押し出された物です。つまり黒くなるということはリンクの中の中までオイルが浸透してゴミを押し出しているということです」
③多めに注油すると飛び散りやすいかもしれません。でもこれは→「②と関連したことですが、粘性を限界ギリギリまで低くすることによりリンク内への浸透性を高め、①と関連するパワーロスを減らすことにつながります」

タクリーノサポートプロチームのマトリックスの選手たちは「ロードチェーンオイル」中心として使用しています。
とにかく速く走りたいアナタにお勧め! 

chain oil
「ルブリカントドライ」販売終了のお知らせ。
熱烈なファンの方も確かにおられるのですが、諸事情を持ちまして「ルブリカントドライ」の販売は中止させていただきます。長らくご愛顧ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。