スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パワーチェーンオイルとロードチェーンオイルの違いって?
高性能自転車チェーンオイルの草分けとして10年にも及ぶ人気を誇っております「ロードチェーンオイル」(液体)と、そのスプレー版として新たに開発され今ではタクリーノの主力製品となっております「パワーチェーンオイル」(エアゾール)とでは何がどう違うんでしょうか?
「どっちがいいのか迷っちゃう? 解かりやすく説明して」との問いにお応えいたします。

powerchainoilchain oil

★どちらも「特殊な添加剤の配合」によってチェーンリンクの中にすごく良く留まり、一度注すと500~600㎞ぐらいもちます。

★違いは、液体は粘性が低くサラサラで、一方エアゾールは少し粘性があって極圧剤が入っています。その結果、実際のパフォーマンスはほとんど同じなのですが、液体の方は「チェーンとギアがコツコツと触れる感覚がある」ほどペダリングのフィーリングにダイレクト感があります。力が逃げていないのが感じられます。エアゾールよりもパワーロスが少ないようにも感じます。

★一方でエアゾールは、粘性と極圧剤により「滑らかな優しいペダリング感」を感じることができます。

★エアゾールの方の凄いところは「雨に強い」ところです。3時間ぐらいのけっこうな雨のレースでもほとんどオイル切れがおきません。

★容量割の値段が違いますね。液体は100mlで1500円。エアゾールの方は同じ100mlで1400円です。一見するとエアゾールの方がお得な感じがしますが、実はエアゾールの100mlは30%ほどが溶剤なので実際には液体の方が「少しお徳用」といえます。

★液体オイルは航空機に持ち込めますが、エアゾールは持ち込めません。

★あとは注し方の好みみたいなもんでしょうか。液体は一滴づつリンクに垂らしてゆくので少々めんどくさい。エアゾールはペダルを手でグルグル回しながらプシューと吹き付けて簡単便利。でも飛散したものがリムやタイヤに飛び散るのが気になるし、無駄になってる気がするとか。

以上は担当上阪の個人的感覚を交えての説明でした。あなたはどちらのタイプ? 
スポンサーサイト
パワーチェーンオイルに「タクリーナちゃん」のイラストが!!
ご好評いただいておりますパワーチェーンオイルです。一度注油すると600㎞も継続高性能走行が可能で、大雨の中を3時間ぐらい走ってもオイル切れも起こしません。化学合成オイルが90%以上配合されているので走行抵抗も軽く、劣化も起こしにくい完璧チェーンオイルです。
さて、そんなパワーチェーンオイルにタクリーノのマスコットガール「タクリーナちゃん」のイラストが描かれたバージョンが登場です。限定500本でーす。お早めに。
従来タイプのラベル品も継続販売です。よろしく。

タクリーナm

★「タクリーノ パワーチェーンオイル タクリーナちゃんラベル」 エアゾールタイプ 100ml 1400円+税
「オイルinクリーナー」の使用説明動画できました。ご覧ください。
mqdefaultAMGH3SIK.jpg

説明動画はこちら
↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=j3MuWuDogW4


好評いただいております「オイルinクリーナー」ですが、これ基本は「クリーナー」なんです。だからオイルだと思ってシャカシャカ吹き付けるだけではチェーンの汚れも落ちないしリンクの中にオイルが浸透もしないんですね。「リンスインシャンプー」どちらかというと「シャンプー」ですよね。そんなわけでこれでまずしっかりと洗浄して欲しいと。そうすれば同時に勝手に注油もできているんです。言葉で説明するよりはと思い、使用説明動画つくりました。担当上阪がマジメにマジメに演じております。ご覧ください。
「オイルinクリーナー」入荷しました。じゃんじゃん注文下さい。
10391373_842889949119073_32737164708518471_n[1]
在庫切れで、大変ご迷惑をおかけしておりました「オイルinクリーナー」入荷しました。よろしくお願いします。
新製品「オイル in クリーナー 」の登場です。まあ「リンスI in シャンプー」みたいなもんですわ。
10391373_842889949119073_32737164708518471_n[1]
価格:1500円+税

画期的な新鮮品の誕生です。その名も「オイル in クリーナー」。これでチェーン洗浄をするだけで注油も同時にできてメチャ便利です。
そもそもどんなチェーンオイルでも、注油の前に一度脱脂と洗浄をしなければ完璧な潤滑効果は望めないもんなんですね。リンクの中にたまった金属の磨滅した粒子が黒い汚れとなってますから、それが貯まったままだと潤滑効果も落ちるし、黒い汚れもにじみ出て見た目も汚いですね。「タクリーノ・ロードチェーンオイル」なども「黒くなりやすい」とよく言われるんですが、脱脂と洗浄をきちんとすれば思う以上にきれいに使えるんですよ。でもやっぱり「洗浄」→「注油」と二つの作業をするのはめんどくさいもんです。
そんなわけでこれ! 「オイル in クリーナー 」で洗浄してあげれば、潤滑力、チェーンの綺麗さともに完璧になるわけです。
ちなみにタクリーノの「ロードチェーンオイル」や「パワーチェーンオイル」は一度注すと500㎞以上注油の必要はないのですが、この「オイル in クリーナー 」もう少し早めに注油(洗浄)してあげてください。2~300kmが目安だと思います。そんなわけで普通にサイクリングする方なら「週に一回」これで洗浄する癖をつけましょう。するとスプロケやメカのプーリーにも脂カスがぜんぜん溜まらず、めちゃ美しく快適に走れますよ。お試しあれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。